By His Hands 森郷創世記4

Now the building time…Rifu village chief himself was excited and came out for surveying in 1960 March.  A large portion of funds for the initial buildings came from Baptist Youth Fellowship (BYF) International Aid Committee and California Women’s Ministry.  News that youth church members in South East Asia, especially India, raising funds by car washing reached Rifu church.  This international relationship among world’s church families moved the hearts of non-christian youth in Rifu town. They committed to monthly offering for the campsite completely voluntarily!

土地が手に入り、今度は建物の建設です。利府村長自らが土地の測量に来てくれました。1960年3月のことです。建設費用の大部分はバプテストユースフェローシップとカリフォルニア女性会が献金してくださいました。東南アジア、特にインドの若者たちも森郷キャンプ場建設のための献金を車洗いのアルバイトなどをして送ってくれたそうです。そのことに感動し、クリスチャンではないのにキャンプ場建設のために毎月献金するようになった若者たちもいました。

Three missions for Camp Morigo was set; to serve the local needs, to raise future leaders and to provide a place for international relations.

森郷キャンプ場には3つの目的が掲げられました。地元のニーズに応えること。未来のリーダーを育成すること。そして国際交流の場として用いること、です。

Missionary Ted Livingston served tirelessly as a bridge between Morigo and overseas churches.   In 1961, the main hall was completed by volunteers and a special fireplace was built in it. Rev Saito had shared the missions for Camp Morigo and requested stones from all over the world to symbolise unity in Christ. The stones came from 52 countries with letters of encouragement, including countries  such as Jordan, then Soviet, Cuba.  They testified that it is only in Christ that people of different countries, races, cultures can unite in peace.  The stones were built in the fireplace with a stone from Israel in the center.

宣教師テッド・リビングストンは森郷と海外の教会の架け橋となるべく、働き続けます。1961年、ホールがボランティアの手によって建てられ、「国際暖炉」が設置されました。斉藤牧師が、森郷キャンプ場の目的を分かち合い、様々な国から小さな石を送ってもらうことをリクエストしていたのです。ヨルダン、ソビエト(当時)、キューバなどからも励ましの手紙とともに石が送られてきました。キリストのみが、国、人種、文化を超えて私たちを平和のうちに一つにすることができる、ということの証として、実に52カ国からの石が暖炉の土台に埋め込まれました。イスラエルから送られてきた石が中心です。

IMG_3498

Ted also organised international volunteer teams to visit Morigo and build up the campsite.  Asian Christian Youth Camp was held for two weeks in 1961 July to build roads, bridges, camp cabins.  Caravan teams from US and other countries followed many times to build various buildings and to enlarge the use of Camp Morigo.

リビングストン宣教師は、海外からのボランティアチームを森郷に招き、キャンプ場を建て上げて行く働きを続けました。1961年7月には、アジアクリスチャンユースキャンプが開かれ、道路、橋、キャビンなどが建てられました。アメリカからのキャラバン隊も何度も訪れ、森郷キャンプ場の発展に寄与してくれました。

IMG_3497

Camp Morigo was becoming famous among the locals…it was the only place around the  villages and the towns to see people from overseas and eat things like hamburgers!  Locals couldn’t understand why those hard working overseas folks came to the little poor village to build things…for free! Ted Livingston’s efforts to make Camp Morigo an international meeting ground was bearing witness among the locals and growing great relationships.

そんな中、森郷キャンプ場は、利府村で評判の場所になっていきました。外国人がいて、「ハンバーガー」なるものを食べられる、この辺で唯一の場所!というわけです。いったいどんなわけで、東北のこの村に遠く外国からやってきて、色々建物を建てているのか…しかも、どうやら無料でやっているらしい!リビングストン宣教師の、森郷を国際交流の場所にするための橋渡しの役目は、大きな証を立て、地元の方々ととてもよい関係を築いていたのです。

After 50 years since the initial establishment, the East Japan disaster in March 2011 hit Camp Morigo severely.  We thought our campsite was over.  However, God kept the three missions of Camp Morigo alive. They started to shine ever so brightly just when we had almost given up…

土地を手に入れてから50年後、2011年3月に森郷キャンプ場は東日本大震災に教われました。森郷はもう終わりだ…。しかし、神様の計画はこれからでした。最初に掲げられた森郷の3つの目的…それらは震災で大きく傷つき、キャンプ場閉鎖と思われたその瞬間からますます輝き始めたのです。

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *