4 years ago

2011 March 11.
It was a day we were thrown into a complete lost.  We didn’t know what had happened.  When we slowly started to see the devastation, we saw we lost our precious campsite. Even worse, we thought our vision was lost, the vision we thought we had grasped for 10 years as a church, 50 years as a campsite.

There were much to do in the community. People were desperately waiting for help.  No time even to count our own loss.  Our campsite? Our vision? There are too many things we must do for our people, our community, our land, for Christ…

Yet it was the day God started to unfold the plans for Morigo in a way we never imagined.

We are yet to share our story for the past four years. Today we just want to say a sincere thank you to those God sent to us after 3.11.  Thank you for coming to us for help.  Thank you for your generous heart of giving.  Thank you for your prayers from all over the world. It is simply amazing how God brings beauty from ashes. He is truly a good God.

 

2011年3月11日。大きな混乱の中に放り出された日。何が起きたかもわからない。キャンプ場は壊れてしまった。ただ建物だけじゃなく、教会として10年間、キャンプ場として50年間もっていたビジョンもなくしてしまった、ように思えた。

地域が助けを求めている。人々が一刻も早い助けを待っている。自分たちのことを省みる時間はない。キャンプ場?ビジョン?今はそれよりも地域のため、苦しむ人々のため、そしてキリストのため、目もくらむほどすることがあるのだ・・・

でも神様はこの日を境に、森郷キャンプ場のためのプランを誰も想像もしていなかった形で展開され始めた。

震災以降の4年間のストーリーはこれから紹介したいと思っています。今日は、あの日以来神様が私たちに送ってくださり、出会わせてくださったみなさんに心からの感謝を。足を運んでくださって、多くを捧げてくださって、ありがとうございます。世界中からの祈りを本当に感謝します。闇からこそ光をもたらす神様は本当によい神様です。

DSC_0327
Dogtooth Violet- early spring flower that blooms everywhere in Camp Morigo.  One of the first flowers that come out just after snow disappears.
春の始まり、まだ木々も芽吹く前に咲くカタクリ。森郷キャンプ場でもたくさん見れます。

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *